地震対策って何をすればいいの?

耐震診断で住まいが安全でないと診断された場合には

耐震診断で住まいが安全ではないと診断された場合、適切な耐震改修工事を行うことで住まいの安全を確保することが出来ます。

◎木造住宅の補強方法

基礎補強をする…鉄筋コンクリートの基礎に替え、土台をアンカーボルトで固定にします。

壁の補強をする…筋交いを入れたり、構造用合板を張って強い壁を増やします。

壁の配置や接合部の対策…壁の量を増やしバランス良く配置して、土台や筋交いの接合部に金物等を使って堅固にします。

屋根の軽量化…屋根葺材を軽い屋根材に替えて建物の重心を低くして揺れを少なくします。(瓦材から金属材などに)

◎家の中の地震対策

タンスが宙を飛んできた、ピアノが家の中を暴走…大きな家具類は動かないように固定し、地震対策をしておきましょう。収納は壁面にシッカリ取り付けて造作する「壁面収納」にすれば安全です。

(壁面家具の取付の写真)

 

 

無料相談・お見積もりはお気軽にどうぞ! WEBからのお問い合わせはこちらからどうぞ
このページの一番上に移動