窓をリフォームするには??その工事方法と比較

窓が寒い!窓の結露をどうにかして!窓から入る騒音を軽減したい! そんな方の為に、窓のリフォームについてご説明します。

窓の断熱工事には大きく3つの方法があります

①内窓の設置  ②ガラスの交換  ③サッシの交換

 

 

①内窓の設置

内窓の設置は、今ある窓はそのまま内側にもう一つ窓をはめ込むという仕組みになっています。工事自体は窓枠を取付。ガラス障子を建て込んで完了なので、簡単で、時間もさほどかかりません。窓の大きさは元ある窓に合わせてオーダーで製作します。 内窓の種類によって色や枠も豊富にありますので、ちょっとした模様替えにもなります。

 

②ガラスの交換

ガラスの交換は、今あるサッシはそのままでガラスのみを機能性の高いガラスへ交換する方法です。内窓のようにサッシを2回開ける手間もかかりませんし、見た目もほぼ変わりません。また、サッシ交換と違いガラス職人のみで工事できますので、早く・割安に工事ができます。リフォーム用のガラスも各ガラスメーカーから様々な製品が出ておりまして、価格に応じて機能性・効果が変わってきます。

 

③サッシの交換

サッシの交換は、サッシを枠ごと交換してしまう方法です。内窓のようにサッシを2回開ける手間もかかりませんし、ガラス交換とは違いサッシも気密性の高い製品になってますので、1番効果の高い方法と言えます。しかし、サッシを交換するには、大工さんが外と中の壁を剥がしサッシを交換。外壁は、外壁職人・左官職人が外壁を補修して塗装工事。内壁は大工さんがボード・木枠を取付。最後に壁紙を貼って完成。結果として、大工1日・左官職人1日・塗装職人1日・壁紙職人半日の人件費がかかってしまう為、窓の交換だけの単独工事では割高になってしまいます。しかし、美観も機能も一番良くなる方法ですので、外壁や大工さんの入るリフォームを検討されてる方には割安でおススメの工事になります。

※鉄骨の建物や団地・マンションに住む方は簡単に交換はできません。そんな方はカバー工法というサッシ交換工事を推奨しております。

 

 

 

 

無料相談・お見積もりはお気軽にどうぞ! WEBからのお問い合わせはこちらからどうぞ
このページの一番上に移動